電子計測器の情報はここから!

電子計測器の基本的な仕組み

電子計測器の基本的な仕組み 電子計測器の基本的な仕組みは、測定の対象となる電圧や電流などを適正な値に変えることで、A/D変換機でデジタル信号に変えて、計測した値は表示器で表します。
電子計測器は入力信号変換器とA/D変換機、表示器で構成されています。
入力信号は次のA/Dで扱えるように直流電圧に変換します。
A/Dは電子計測器で需要な回路で、アナログ信号をデジタル信号に変換する役割がある回路です。
表示器ではA/Dでデジタル信号に変わった測定量をLEDやLCDなどを使って表示する回路になります。
電子計測器は、測定回路から計器に流れる電流が少なく、回路に影響を与えることがないため高精度の測定が可能です。
また、測定したものは数値であらわされるため、個人による読み取りの差は起きず、データはデジタル信号なので、他の電子機器などにデータを入力できます。
波形をパルス列に変えて、一定時間のパルス数を周波数に表示できる方式のタイプもあります。

電子計測器の精度と測定スピード

電子計測器の精度と測定スピード 電子計測器は今や様々な製品が展開しており、多くの場面で活用されているところです。
性能面においても以前とは比べものにならないほど向上しており、非常に使いやすくなっていると言えます。
その計測器は厳密に計測することが求められており、少しのブレも許されません。
その意味では電子計測器にとって確かな精度は命と言っても過言ではありませんが、現代の多くの製品は十分にその要件を満たしていると言えます。
また、それとともに必須となるのがスピードです。
計測に要する時間がかかっては、これも意味がなさなくなります。
測定結果をいかにして早く得ることができるかが、電子計測器の腕の見せ所となります。
近年の製品では高い精度とともに、迅速な測定結果を得ることができる、という点も大きな特色となっています。
これらの性能を満たしていることから、電子計測器へのニーズは高まっており、研究開発を行う上では無くてはならない存在となっています。

新着情報

◎2020/9/8

メータの意味を理解する
の情報を更新しました。

◎2020/6/15

人気の高速機能計測器
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 提供」
に関連するツイート
Twitter