電子計測器の情報はここから!

このサイトでは電子計測器に関する豆知識を紹介します。
まずはじめにその測定器を利用するに当って必要不可欠な知識である抵抗に関して様々な観点から紹介し、その後、データ記録もできる計測器を紹介します。
そして、測定器のソリューションの提供や基本的な仕組みといった気になる点についても述べた後、最後に測定器の精度とスピードについても説明していきます。
これらを読めば、この測定器に関する知識は一通り揃ったと言えます。

電子計測器の高抵抗と低抵抗

電子計測器の高抵抗と低抵抗 電子計測器は大変便利なアイテムですが、その使い方を誤りますと十分な結果を得ることはできません。
とくに抵抗測定時においては細心の注意を払う必要があります。
低抵抗測定時の注意点としては、4端子測定物の接触部分まで4端子で接触する必要があること、メジャーメント感覚の違いによりその誤差が生じることもありますのでレジスタンスメジャーメント及び回路設計の際にはこれらの誤差要因が悪影響を与えないようにすること、が挙げられます。
また、高抵抗測定時に注意点としては人間を含む導体を近づけないこと、作業中の治具には触らないこと、振動を避けること、静電シールドを施すことなどが挙げられます。
こうした点に注意して電子計測器を使用すれば、効率的かつ効果的に結果を得ることができますので、是非、これらの注意点は守るようにして下さい。

デジタル式の電子計測器なら数値をディスプレイに表示可能に

デジタル式の電子計測器なら数値をディスプレイに表示可能に 電子計測器は信号の処理でアナログ式とデジタル式の2つに分けることができますが、基本的には入力された電気信号を増幅して演算を行うといった基本的な原理があり、このときデジタル信号に変換して電圧値や波形を表示させるものをデジタル式と呼びます。
アナログ式の場合は測定結果を計算するなどが必要になりますが、デジタル式の場合は数値をディスプレイに表示させることが可能になりますし、パソコンと接続ができる電子計測器などでは測定データのデジタル化を図ることもできます。
テスターは、端子間電圧を計ることができる電子計測器、アナログ式のものは針が止まった場所の数値を読む、これに現在のレンジを見て計算することで電圧値を割り出すことができます。
これに対してデジタル式のテスターの場合は、端子間電圧を直接ディスプレイに表示することが可能になるので、その都度針の位置を読み取り計算を行うといった手間がいりません。
オシロスコープなどの電子計測器の場合も、アナログ式では表示された波形を保存したいときには画面をポラロイドカメラを使って撮影が必要ですが、パソコンと接続できるデジタル式のオシロスコープの場合は、波形データをパソコンに保存ができる機能を持つものもあります。

もっと電子計測器を知りたい

RFシグナルジェネレータ

新着情報

◎2020/9/8

メータの意味を理解する
の情報を更新しました。

◎2020/6/15

人気の高速機能計測器
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 抵抗」
に関連するツイート
Twitter